■先輩医師のメッセージ

■外科専攻医 梅村卓磨
 (平成31年医師免許取得)

はじめまして、外科専攻医の梅村と申します。
私は当院で初期研修を修了し、3年目から外科の道に進むこととなりました。消化器外科医を目指しており、日々修練を積んでいます。

当院の外科プログラムを選んだ理由として、一つ目は、当院は名古屋市のど真ん中にある大規模病院であるという事です。毎日多くの患者様が訪れ、3次救急病院であるため緊急手術も多く行っております。当院プログラム外科には消化器外科、乳腺外科、呼吸器外科、心臓血管外科が含まれており、専攻医に必要な症例のほとんどを当院で経験できます。また、市中病院でありながら、臨床研究センターを併設しており、臨床研究を盛んに行なっております。当院で研修するメリットとしては、救急疾患含め数多くの症例を経験できること、臨床研究のノウハウを学べることだと思います。

二つ目の理由としては、見学に来ていただければ分かるかと思いますが、外科は若手医師が多く、活気に満ち溢れています。屋根瓦式の指導を行っており、分からない事があってもすぐに相談ができます。若手勉強会や、抄読会、学会・論文発表、臨床研究への参加など学術面でも学べることが多いです。外科医として、医師として成長できる環境にあります。

外科は忙しいイメージがあると思います。確かに病院にいる時間が長く忙しく思われるかもしれません。実際に働いてみて感じた事は、外科医になる理由があれば、忙しくても苦になりません。外科医になる理由は、手術が好き、消化器が好き、直接命に関わる仕事をしたい、お金を稼ぎたいなど様々だと思いますが、理由は何であっても良いと思います。
また、外科医にライフワークバランスは似つかわしくないという印象を持たれている方がいるかもしれませんが、子育てしながら仕事している先生も多くいらっしゃり、働きやすい環境にあると思います。当院は働き方改革の最中におり、今後外科医の働き方は変わるかもしれません。

外科に少しでも興味がある方は、是非一度、名古屋医療センターへ見学にお越しください。快くお待ちしております。

 

■内科専攻医 大脇聖楽
 (平成31年医師免許取得)

初めまして,後期研修医の大脇と申します.
私は名古屋医療センターで2年間の初期研修を修了し,腫瘍内科を目指して内科専攻医として当院で内科ローテ―トを行っています.

当院は,市中病院には珍しい血液内科や腫瘍内科,膠原病内科,感染症内科といった内科まで網羅しています.また,内科ローテートの中で,前述のような内科はもちろんのこと,集中治療科を選択することも可能で,急性期から慢性期まで幅広い症例を経験できることに魅力を感じました.各科の垣根も低く,指導医の先生方も優秀で優しい方が多く,充実した研修生活が送れると確信しています.

内科専門医制度も開始して数年経ちましたが,当院では本人の希望に応じて柔軟にローテーションを組むことが可能な文化が根付いています.今まで見てきた先輩方でも,ご自分の志望科に生かせるようにローテートをされる方,ジェネラリストを目指してローテートされる方,各科をローテートしたうえで志望科を決められる方など,さまざまな目的で後期研修をされています.当院では,皆さんのキャリアプランに合わせたフレキシブルな内科後期研修が可能です.

なかなか見学には行きづらいご時世ですが,ぜひ一度当院への見学やwebでの面談などお申し込みください.後期研修先をご検討中の皆様,ぜひ当院で一緒に内科医を目指しましょう!