消化器がん(胃・食道・大腸・肝胆膵)

消化器がんは消化器外科・内科と連携し、局所進行がん、進行がん、術前後の補助療法の治療を担当しております。

  • 術後胃がん:ステージII-IIIの場合、術後補助療法を行うことで再発のイスクが軽減できることがわかっています。従来のS-1内服療法の他、S-1+オキサリプラチン(SOX療法)、カペシタビン+オキサリプラチン(CAPOX療法)、S-1+ドセタキセル療法(DS療法)の中から、進行度や体調に応じて提案しております。
  • 局所進行胃がん:初診時に手術が難しいと判断された場合や少数の遠隔転移がある場合には、導入化学療法を開始し、治療効果に応じてその後の切除や治療方針を検討する考えたがあります。SOX療法の他、欧米で汎用され腫瘍縮小効果の高いフルオロウラシル+オキサリプラチン+ドセタキセル(FLOT)療法や腫瘍のタイプによっては分子標的薬も取り入れています。
  • 進行・再発胃がん:治療の主軸は十分な体調ケア+薬物療法です。国内で最もポピュラーなSOX療法以外にもS-1+シスプラチン療法、CAPOX療法、FOLFOX療法も取りいれています。シスプラチンを使用することでオキサリプラチンによる末梢神経障害を避けることが可能です。従来は入院で投与していたシスプラチンですが副作用対策の工夫によって、現在は通院で投与可能です。FOLFOX療法はオキサリプラチンの投与量が少なく、短期間で薬剤投与が完了し、点滴薬のみで構成されているため、病気や体調で内服薬やシスプラチンが適さない胃がんや食道がんの方に積極的に提案しています。胃がんでも免疫チェックポイント阻害薬を用いた治療が開始され、今後の発展が期待されています。HER2陽性タイプの方には上記治療薬にトラスツズマブを併用しています。2020年にトラスツズマブ・デルクステカン(エンハーツ)が登場し、HER2陽性胃がんの治療が飛躍的に進歩しました。2021年4月現在、MSI検査(がん免疫療法に関わる因子)に関する臨床試験(WJOG13320GPS試験)に参加いただき、MSI検査陽性の場合、免疫チェックポイント阻害薬による治療(治験)をご提案しております。その他、FLOT療法という新しい治療薬の組み合わせで進行胃がんを治療する臨床試験があります。
  • 食道がん:化学療法の他、化学放射線療法にも積極的に取り組んでおります。一般的な5-FU+シスプラチン(FP療法)の他、患者さんの状況によってはFOLFOX療法も使用しています。化学放射線療法はFP療法もしくはFOLFOX療法と併用しています。FP療法は入院が必要ですが、FOLFOX療法は2回目からは通院での治療が可能です。2020年に免疫チェックポイント阻害薬(ニボルマブ/オプジーボ、ペムブロリズマブ/キイトルーダ)が承認され治療の幅が広がりました。今後は抗がん剤+免疫チェックポイント阻害薬、手術の前に抗がん剤+放射線治療を行い術後の状況によって免疫チェックポイント阻害薬を投与する治療法などが登場する予定です。局所進行(手術が難しいが遠隔転移がない、限られている状況)の場合には食道がんではFP療法、FOLFOX療法の他、シスプラチン・5-FU・ドセタキセル(DCF療法)による強力な化学療法、導入化学放射線療法を使用することがあります。
  • 大腸がん術後補助療法:一部のステージIIとステージIIIは術後補助療法の有用性が判明しています。カペシタビン内服、UFT/ロイコボリン内服の他、カペシタビン+オキサリプラチン療法も有効です。いずれの選択がよいかは、ご病気の状況や体調、副作用に対する考え方で千差万別です。
  • 進行・再発大腸がん:SOX療法、S-1+イリノテカン療法、CAPOX・CAPIRI療法、FOLFOX・FOLFIRI療法、FOLFOXIRI療法などから選択されます。少しずつ副作用の特徴が異なりますのでお話を聞きながら決定しています。これらの抗がん剤に血管新生阻害薬(ベバシズマブ/アバスチン、ラムシルマブ/サイラムザ、アフリベルセプト/ザルトラップ)または抗EGFR抗体(セツキシマブ/アービタックス、パニツムマブ/ベクティビックス)を併用します。精密検査(マイクロサテライト不安定性、RAS遺伝子変異、BRAF遺伝子変異、HER2過剰発現の有無など)を行い最適な薬剤選択を検討しております。
  • 膵臓がんはゲムシタビン・ナブパクリタキセル療法とFOLFIRINOX療法、S-1、ゲムシタビン単剤療法があります。二次治療でリポゾーマルイリノテカンが使用可能となりこれまでより治療の幅が広がりました。BRCA遺伝子変異の状況によってオラパリブ/リムパーザ療法が選択肢に加わりました。