腫瘍内科の概要

腫瘍内科はがんの診療に特化した内科の一分野です。腫瘍内科の仕事はがんの診断や薬物療法(抗がん剤治療、化学療法など)、痛みを始めとした様々な辛さや問題を和らげるサポート(緩和ケア)、複数の治療(手術、放射線治療、薬物療法など)から最適な組み合わせを考えるために各診療科の橋渡し役になるなど多岐に渡ります。当科は名古屋市・愛知県・東海地域はもとより全国的にも数少ないあらゆる臓器のがん診療に対応可能な腫瘍内科として活動しています。

当院はがん診療連携拠点病院・がんゲノム医療連携病院に指定されており,消化器(胃腸,肝臓,膵臓など)、呼吸器(肺・縦隔)、乳腺(乳がん)、婦人科(卵巣・子宮)、泌尿器科(腎臓・膀胱・尿管)、血液、脳神経(原発性脳腫瘍,転移性脳腫瘍)、眼科、頭頸部(口の中,咽喉頭)にできたがんに対応できる体制を整えています。この他、原発不明がん、希少がん(患者数が少なく治療法やガイドラインが整備されていないような疾患)、重複がん(2つ以上のがんがある例)、精巣腫瘍・精巣外胚細胞腫瘍、肉腫など幅広いがんの治療に取り組んでいます。救命センターをもつ総合病院の強みを生かしてがん以外の合併症(糖尿病、腎臓病、心臓病、脳梗塞、自己免疫疾患など)がある方の治療にも積極的に取り組んでいます。

腫瘍内科はがんに関わる診断や治療に必要な情報集め、関連する診療科(外科、婦人科、泌尿器科、耳鼻咽喉科・頭頸部外科)などと協力して診療にあたっております。近年、がんに対する薬物療法が急速に発展しております。腫瘍内科医はがん薬物療法の専門医として緩和ケアを含む全人的立場でがん患者さんを診療し、なるべく効果的にかつ副作用を軽減しながら薬物療法を実践していくように心がけております。ご病気の状況によって手術、薬物療法(抗がん剤、分子標的薬、免疫療法、ホルモン療法など)、放射線治療を組み合わせつつ、体や気持ちの辛さに対する緩和ケアを同時に行っていきます。院内での協力体制の結果、通院化学療法の50%を腫瘍内科が担当し、のべ3000件の通院化学療法を腫瘍内科が担当し(2020年度実績、点滴治療例のみ)、成人固形腫瘍のほぼ全ての領域に腫瘍内科が関われるようになっております。

近年の傾向として、薬物療法の大半が通院治療で可能となったこと(仕事や趣味との両立も可能なことが多いです)、これまで有効な薬剤が限られていたがん(甲状腺がん、皮膚がんなど)に対する有効な新薬が開発されたこと、独特の副作用を管理しながら有効性を引き出す必要がある分子標的薬(ネクサバール、レンビマなど)、免疫療法・免疫チェックポイント阻害薬(オプジーボ、キイトルーダ、テセントリク、ヤーボイ、バベンチオ)の登場があげられます。免疫療法は時として様々な自己免疫異常を起こし適切な対応を要します。このような新しい薬による治療をいち早く、副作用管理も含めて適切に行うことも腫瘍内科医の重要な仕事です。

 

特色

名古屋医療センターの腫瘍内科の特徴、理念を下記にまとめました。

1. 診療科の枠・施設の枠を超えて迅速な診断、そして最適な治療法を考えます

腫瘍内科は各診療科とカンファレンス(病気の診断、治療に関する相談会)、キャンサーボード(各領域の専門家が集まり対応が難しいケースの対応を検討する会)を行い最適な治療計画を検討しています。特に、診断に関わる医師(内視鏡やCT・MRIなどの専門家、がんを顕微鏡レベルで診断する病理診断医ら)、外科系診療科(手術を担当する医師)、放射線治療科(放射線治療の専門家)、緩和ケアチームとは定期カンファレンスの枠を超え随時検討を行い治療方針が決定するまでの不安な時間がなるべく短くなるように務めています。初診日に診断・治療に必要な検査計画を立て、可能な検査は当日受けていただけるようにしてます。診断が済んでいない場合はがん細胞を採取して顕微鏡レベルで診断することが重要です。当院では、内視鏡検査(胃カメラ・大腸カメラ・気管支鏡、いずれも超音波を使用した高精度・高難度の生検検査が可能)、CTガイド下生検(CTを撮影しながら患部に針を入れて細胞を採取する方法)、外科的生検(手術による細胞採取)が可能です。必要時には院内外・国内外を問わず最新の情報、意見を集め診断・治療を進めます。名古屋大学病院とはがんゲノム医療に関する検討会(エキスパートパネル)を通じて、愛知県がんセンター薬物療法部とは定期的な症例検討会を通じて診療の質の向上を心がけています。また、患者さんが希望された場合にセカンドオピニオンの手配をサポートすることはもちろんのこと、患者さんの利益になると判断された場合は自施設にこだわらず最適な施設をご紹介いたします。

2. 患者さんの生活や個別性に配慮した医療の実践

これまでに行われた研究やデータによって裏付けられた標準治療(最も治療効果が得られる可能性が高いその時点での最適な治療法)を基本としつつ、患者さんの年齢や仕事、家庭の状況など希望にそった治療を提案します。当院はがんゲノム医療連携病院に認定されており適応となる方には保険診療で遺伝子パネル検査の実施が可能です。がんゲノム医療は治療選択肢を得るきっかけにもなるため積極的に実施しています。

3. 総合病院のなかにある腫瘍内科であること

当院は救急医療・総合診療体制を擁する総合病院です。がんは経過中に救急対応(急な発熱や呼吸困難、重篤な感染症や緊急手術を要する問題)や対応が難しい副作用対策(心臓疾患、肺炎、自己免疫疾患、免疫関連有害事象など)が必要になることがあります。最適ながん診療はがん治療医のみで行えるものではありません。様々な臓器の問題(心臓、脳・神経、糖尿病、リウマチなど)に対応できるバックアップ体制や24時間365日の救急医療(当院の救急外来・集中治療室は専門医が運営・指揮をしています)が充実していることはとても安心・安全ながん治療を受けるうえで極めて重要です。

4. よりよいがん診療や新薬の承認に貢献する臨床試験・治験への参加

がん治療は徐々に進歩していますが、疾患の種類や状況によっては未だ満足するには至っていません。当科ではがん診療の向上に貢献するため、患者さんの治療選択肢を増やすために臨床試験や新薬の治験に参加することも提案することがあります。当院はすでに多くの臨床試験や治験に参加した実績があり研究施設としての側面があります。これは、最新の知見を取り入れ、新薬の開発動向をキャッチアップするためにも重要なことです。

診療

【診療内容】
腫瘍内科専従医、腫瘍内科・緩和ケア科の兼任医師を含め8名の医師が診療にあたっています。腫瘍内科には4名のがん薬物療法専門医(腫瘍内科専門医)が在籍しています。現在、成人の悪性腫瘍であれば種類を問わず原則対応可能ですので、お気軽にご相談下さい。手術前後の補助薬物療法、進行・再発・難治がんへの治療など幅広く行っています。放射線治療科と連携した化学放射線療法の実績も豊富です。治療開始前に十分な全身評価、画像診断、病理診断、遺伝子検査などを実施してから実際の治療計画を提案いたします。また、緩和ケアチームとの連携を密にし、外来・入院中を問わず必要なケアがタイムリーに届くように努めております。

     診療実績のある代表的ながんの種類と薬物療法の概要

乳がん

詳細

消化器がん(胃・食道・大腸・肝胆膵)

詳細

肺がん・縦隔腫瘍

詳細

婦人科がん (子宮がん、卵巣がん、胚細胞腫瘍)

詳細

泌尿器がん(膀胱・前立腺・腎臓・精巣腫瘍)

詳細

頭頸部がん

詳細

原発不明がん

詳細

・肉腫、性腺外胚細胞腫瘍、悪性黒色腫など希少がんの治療

眼科領域のがん(悪性黒色腫、メルケル細胞がんなど)に対する化学療法

重複がんの対応(2つ以上のがんを患っている方)

MSI-H(マイクロサテライト不安定性を有する)がんに対する免疫チェックポイント阻害薬

(上記以外のがんであってもできるだけ、対応するよう心がけております)

【外来化学療法室】

 現在の抗がん剤治療の大半は通院で治療が可能です。外来化学療法室には腫瘍内科医、看護師、薬剤師が常駐しており、情報を共有しながら日々、診療に当たっています。腫瘍内科の診察室は外来化学療法室内に設置し、患者さんの移動の手間を減らし、スタッフ間の連携強化をはかり抗がん剤投与中の問題にも速やかに対応できるように工夫しています。医師の診察のみでは聞き取れなかった生活の困りごとや副作用を看護師が確認し、医師へフィードバックする、薬剤師が治療薬や内服薬の確認をし、適切な使用法のアドバイスや支持療法について医師と相談するなどキメの細かいケアを目標にしています。

【チーム医療の重視】

 実際の診療は腫瘍内科医師に加えて、がん化学療法認定看護師、がん薬物療法認定薬剤師、緩和ケアチームからなるチーム医療を最重要視しています。外来化学療法は日常生活を続けながら、治療が受けられる点でメリットは大きいのですが、自宅にいる間の副作用対策に関して理解をしていただいて治療を受けることが重要になります。その際、どこに注意したらよいのか、困ったときにどこに相談すればよいのか? 医師だけでなく、がん化学療法認定看護師、薬剤師があなたの治療をサポートする体制ができています。また、各種制度の申請、経済的な不安、自宅療養に必要な訪問看護・介護の利用などは相談支援センターでのサポートが可能です。また、病気や治療のため食事や栄養に悩まれる方には管理栄養士がサポートいたします。専門の栄養士が栄養状態や食事に関するお困りごと、栄養補助食品や食事の工夫などをご提案いたします。

医療関係者の方へ

医療連携について

 ご参考までに当科の対象疾患、得意とする領域を列記いたしますが、悪性腫瘍と診断されていれば原則的に全ての方を対応させていただきます。悪性疾患が疑わしい場合、確定診断前のご紹介でも問題ございません。検査・生検から治療まで責任をもって手配いたします。
腫瘍内科のご案内

各種がんの薬物療法のご相談・ご紹介(臓器を問いません)
乳がん、消化管がん、肺がん、原発不明がんは特に注力しております
化学放射線療法の適応疾患(肺・食道・頭頸部など)。関連科と連携します。
・胚細胞腫瘍、肉腫などの希少がん。治療計画が特に重要な疾患が多くあります。
(疑い例・初回治療前・生検前からのご紹介が望ましいことが多いです)
・原発不明がん、重複がん
・免疫チェックポイント阻害薬,複合免疫療法(ニボルマブ・イピリムマブ併用療法など)、エンハーツ療法など慎重な管理や施設要件がある薬剤での治療
・がん薬物療法に関するセカンドオピニオンに対応しております

当科を初めて受診される場合、 地域医療連携室 を通じて予約を取得してください。事前に検査データ等を提供いただけますと助かります。医療機関からはお電話でのご相談もお受けしております。

地域医療連携室
受付時間:平日:8:30-17:00
TEL:直通052-951-1206、もしくは代表052-951-1111から内線2231

教育・研修

【講習会】
毎年、12月~1月下旬に「がん化学療法・放射線治療に関する研修会」を開催しております。院外から参加される方もおられます。症例検討を行い、化学療法・放射線治療の概要を理解する半日のコースです。近年は医師に限らず看護師、薬剤師、リハビリスタッフ等多職種をお迎えしております。ぜひ、ご参加ください(2021年度の開催は未定です)。また、緩和ケア講習会(PEACEプロジェクト)も定期開催されています。

【講演会】
院内でがん診療、化学療法に関連した講演会が開催されています。

【常勤医師・専修医/後期研修医】
今後ますます高度、複雑化していくがん診療・がん薬物療法に貢献する熱意のある方を募集しています。腫瘍内科での研修を希望する方は下記リンクを御覧ください。初期研修医、内科専攻医(内科専門医コース)として腫瘍内科のローテーションが可能です。内科専攻医は内科ローテーションの完了後、腫瘍内科にFIXしてさらに研修継続が可能です。当院内科専攻医は院外研修先として愛知県がんセンターでの研修が選択可能です。内科専門医コース外・内科認定医もしくは専門医を取得している方は腫瘍内科単独の研修が可能です。当院は日本臨床腫瘍学会の認定教育施設であり、過去にがん薬物療法専門医を9名輩出しています。

名古屋医療センター腫瘍内科研修のご案内(PDF)
初期研修医の方へのメッセージ(PDF)
後期研修医の方へのメッセージ(PDF)
後期研修医の方向けの詳細(PDF)
業績・学会発表(PDF)